ふるさと納税とは?

税金には消費税や所得税、住民税や固定資産税など様々なものがあります。最近テレビCMなどでもよく目にする「ふるさと納税」についてご存知でしょうか?
ふるさと納税とはなんなのか、お礼品や納められた税金の使い道などについて調べていきたいと思います。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税というのは、大雑把に説明すると「地方自治体に寄付をすることで、税金が控除され、実質二千円の負担で返礼品がもらえる制度」のことです。
この制度の前提として、地方を活性化するという目的があります。

地方の過疎化、都心への人口流出が問題になっている日本。地方自治体では、出産、育児、教育、医療といった行政サービスを行っている一方、若者の多くは進学や就職を機に都会へ移り住んでしまうという実態があります。そういった理由で都会の税収は増えるものの、自身が生まれ育った故郷の税収は減ってしまうのです。この問題解決をしようと考案されたのがふるさと納税でした。
つまりふるさと納税は、納税という名の寄付であり、寄付という名の納税と言えます。

「ふるさと」と付いているから自分の故郷に納めなければいけないのかというと、そういうわけでもありません。
自分がサポートしたいと思った自治体を自由に選ぶことができます。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税は、寄付を受ける自治体だけでなく納税する人にとってもメリットがあります。だからみんなふるさと納税を行っていると言えるのではないでしょうか。
そのメリットは2つあります。「節税効果」と「豪華返礼品」です。
ふるさと納税の実態は寄付であると先ほど述べました。そして、寄付金は寄付金控除というのが適用されるため、確定申告をすることによって税金が戻ってくるのです。
控除額は所得によって変わってきます。納めなければならない税金の納付先を変更することで、節税になるのです。そして、寄付のお礼として寄付した自治体からは、その地域の特産品などの返礼品が送られてくるシステムです。

返礼品はお肉や海産物、お米、野菜、果物、地酒、お菓子などの食べ物の他にも、伝統工芸品や旅行、イベントやチケット、美容、ファッション、感謝状など多岐にわたっています。

実質二千円の負担で美味しい特産品や素敵な工芸品を手にできると考えると、それだけでもやりたいと思うでしょう。そしてそれが地方地域の活性化に繋がるなら尚更です。
納税者にも地方自治体にもメリットのある「ふるさと納税」。まだの人は始めてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類

ふるさと納税の使い道~引退馬を守る~

ふるさと納税は主に地方自治体の活性化を目的に作られた制度ですが、その使い道は多岐にわたります。

納税先の探し方

ふるさと納税サイトで納税先を探す際、返礼品から探す、自治体から探す、使い道から探す、ランキングなどのカテゴリがあります。
美味しいお肉が欲しい、といったような欲しい返礼品が決まっている人も多いと思いますが、自分が納める税金なのだから、納得のできる使い方をしてもらいたいと考えている人もいるでしょう。
そういった人は使い道から探してみましょう。
使い道のカテゴリでは、自然保護や高齢者支援。子どもの支援、伝統を守るため、NPO・各種団体支援、祭事支援、医療・福祉、観光、災害復興など実に様々なものがあります。

引退馬を守る

岡山県加賀郡吉備中央町へのふるさと納税では、競走馬が引退したあとの引退馬を守ることが使い道の一つとなっています。
競馬を沸かせた競走馬は、引退後どこへ行くのか皆さんご存知でしょうか?
引退した後、長生きの馬だと30年近く生きるそうです。そして、残念なことに今の日本には、引退馬の環境をサポートする仕組みがないのだそうです。
引退馬は年間5,000頭にものぼり、多くが乗馬クラブに渡っていくそうですが、その一方で多くの馬の命が人知れず失われている事実があるとのこと。人知れず殺され、馬肉として食用になっている可能性もあるのだとか。
乗馬倶楽部の協会に登録されている日本の乗馬クラブは約270か所。乗用馬として登録されている馬は5,000頭(2010年データ)であることから、年間5,000頭の引退馬を受け入れるには圧倒的に受け口が足りていないという現状があります。

サンクスホースプロジェクト

そんな引退馬にセカンドキャリアを与えるため、「サンクスホースプロジェクト」が発足しました。引退馬には、ホースセラピー馬や、障害飛越競技馬、流鏑馬などの伝統行事で活躍する馬など、様々な可能性があります。馬にも人間と同じように、個性があり能力の違いや適性の違いがあります。競走馬には向いていなかった馬でも、穏やかで人懐こく、観光牧場で可愛がられることに向いている馬もいるのです。
そんな馬を救うため、ふるさと納税が活用されるそうです。
セカンドキャリアを歩むため、寄付金でリトレーニング(再調教)、キャリア構築、キャリアマネジメントを行います。

1頭でも多くの引退馬の命を救いセカンドキャリアへと移行するため、ふるさと納税を通して支援をしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類

ふるさと納税の使い道~犬を守る~

ふるさと納税の使い道のひとつに、殺処分されてしまう犬を保護するプロジェクト支援があります。

犬の保護・譲渡活動

ピースワンコ・ジャパンは広島県神石高原町と連携し、犬の保護・譲渡活動を行っています。
かつて広島は犬と猫の殺処分数ワーストになったそうです。そして、殺処分の対象になった犬の「全てを引き取る」という前代未聞のチャレンジを2016年にピースワンコ・ジャパンは開始しました。2年半以上をかけて、広島の殺処分ゼロを維持し、その流れを日本全国に広めようと活動を続けているそうです。

ピースワンコの原点

ピースワンコ・ジャパンの原点は、8年前に動物愛護センターで殺処分されるはずだった雑種の子犬に出会ったことでした。
その犬は、夢之丞と名付けられ、後に災害救助犬として全国各地の災害現場で活躍しています。
保護された犬たちは、ドリームボックスと呼ばれる殺処分機で尊い命を奪われ、焼却されて灰になります。夢之丞も、ここに入れられて殺処分されるはずでした。
ドリームボックスにはもがき苦しんだ動物の爪痕が無数に残っています。それを見て、ピースワンコ・ジャパンは「殺処分機を二度と稼働させてはならない」と心に誓ったそうです。

殺処分を止めることは、言葉で言う程生易しいものではありませんでした。ピースワンコ・ジャパンが保護した犬の数は想定をはるかに上回り、全頭引き取りを始めた2016年に1395頭、2017年は1816頭に上りました。
ピースワンコ・ジャパンは、保護した1頭1頭に名前をつけ、カルテを作成し、観察番号や犬の特徴をデータ化してパソコンで管理しているそうです。

活動内容

ピースワンコ・ジャパンの具体的な活動は、犬舎などの施設の準備、犬の保護、健康管理、トレーニング、里親探しや災害救助犬やセラピー犬として育成などです。

これまで、里親に新しい家族として迎え入れられ、ピースワンコ・ジャパンから卒業した犬は1000頭を越えたそうです。
殺処分される運命だった犬が、飼い主との出会いを果たし、家族に迎え入れられるのは奇跡とも言えるでしょう。そんな幸せな縁を、支援者となる納税者と一緒に一つでも多くつくり出すことがピースワンコ・ジャパンの喜びであり、果たすべき使命なのでしょう。
夢之丞のように災害救助犬やセラピー犬として人間の役に立つ犬を世に送りだすことも役目の一つと考えているようです。

ふるさと納税の返礼品

返礼品として、手づくり夢之丞人形や書籍、神石高原の特産品などがあります。
かけがえのない命を救い、幸せを増やすためにもふるさと納税で支援してみてはいかがでしょうか。

管理人が選ぶサイト◇◇◇年間8,000頭以上が殺されています~日本で殺処分される犬を”ゼロ”に~ピースワンコ・ジャパン|ふるさと納税のガバメントクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

カテゴリー: 未分類

ふるさと納税の使い道~選べる使い道~

福井県坂井市は市民がふるさと納税の使い道を決める街を謳っています。

野良猫をゼロへ

使い道の中の一つは、野良猫をゼロにしようというものです。
市では500万円と目標金額が決められています。野良猫の無秩序な繁殖を食い止め、殺処分される猫を減らすために寄付金を募っています。殺処分される猫を減少させるためには、新しい飼い主を探し、猫を飼育してもらうこと。それらの費用のほか、里親が見つかるまでに一時保護された猫の不妊手術、ノミ・ダニの駆除、治療費などに使用されるようです。
坂井市では、動物たちの命を大切にできる街を目指し、野良猫ゼロに取り組んでいるとのことです。目標金額は達成したとふるさと納税サイトに記載されていたので、これから環境が整っていくのではないでしょうか。

丸岡城を国宝化

他にも、丸岡城を国宝化しようという文化を重んじる使い道もあります。
坂井市の丸岡町にある、日本最古の現存天守閣を持つ丸岡城。地域のシンボルとして住民に愛されていますが、国宝認定はまだ受けていないのだそうです。その丸岡城を国宝化すべく、かつての情景やにぎわいを取り戻す取り組みのためにふるさと納税を使うとのこと。目標金額は3億円。2018年11月現在での達成率は約31%であり、まだまだ支援が必要なようです。

直売所の増設

また、最近テレビなどでもよく話題になっている道の駅。新鮮な野菜などが売られているためわざわざ道の駅に買い物に行く人もいるのだとか。そんな坂井市の「道の駅さかい」の直売所を増設しようというプロジェクトも、ふるさと納税の使い道の一つになっています。
坂井市は広い坂井平野や坂井北部丘陵地などで、様々な農産品が生産されているそうです。「道の駅さかい」では、「いねす市」という農産物直売所が開設されていますが、十分な面積がないため、一部地域の農産物しか取り扱えていない現状があるとのこと。そこで、ふるさと納税を活用して農産物直売所を増設する計画が上がりました。生産者の利便性の向上、さらにやりがいを創り出すことで、生産者の農業所得のアップを促します。また、消費者の安定した農産物の供給の実現により、坂井市の離農問題、後継者不足の解消の一手となるとのことです。
ふるさと納税の返礼品は道の駅に集まる農産品を全国の納税者に届けることもできるため、発送の拠点としての機能を持ち合わせることも期待できるそうです。

このようにふるさと納税には同じ市内でも様々な使い道があるようです。

カテゴリー: 未分類

ふるさと納税の使い道~保護シェルター建設プロジェクト~

佐賀県のNPOでは、動物の殺処分削減と保護活動の活性化を進めるため、保護シェルターの建設プロジェクトに取り組んでいます。ふるさと納税でその活動を応援することができます。

特定非営利活動法人アニマルライブ

アニマルライブは、佐賀県で収容された動物を保護、新しい家庭へと送り出す活動をしています。野犬や人に慣れていない犬はトレーニングをして家庭犬やセラピードッグ、スポーツドッグとして活躍できる犬として世に送り出しているそうです。その他にも、捨てられた老犬を看取る覚悟で保護しています。
保護活動には、医療費やエサ代など金銭面での問題があり、保護した犬猫の収容スペースも必要になります。収容のための敷地は確保したそうですが、保護シェルター建設の資金が不足しているため、ふるさと納税で支援を募っています。

慢性的に不足している収容スペース

アニマルライブで収容されている動物は70頭前後に対し、ボランティアや団体の受け入れ施設の収容頭数が40頭前後なのだそうです。このように慢性的に収容スペースが足りていません。スペースの拡大を行い、殺処分削減を実現するため、保護受け入れ態勢を整えたいと考えているとのこと。
佐賀県での保護頭数の推移から、100頭ほどの収容施設があれば余裕を持って保護できるようです。むやみに保護する頭数を上げるのではなく、計画を持って受け入れる体制を整えていくそうです。

救われた命が活躍

保護された動物の中には、様々な才能を持った動物がいます。フリスビードッグとして活躍する犬もいれば、セラピードッグとして活躍する犬もいます。自閉症の患者や高齢者に寄り添う優しい犬もいます。また、警察犬としてトレーニングを受けている犬もいるそうです。保護された犬の才能を見出し、地域や社会の役に立つ動物として送り出すことを目指しているそうです。

ふるさと納税の返礼品

佐賀県の名産でもある陶器など、動物のワンポイントの入った商品がメインに用意されているようです。有田焼のワンちゃんマグカップをはじめ、ワンちゃん茶碗、有田焼ネコちゃん湯呑、ネコちゃんマグカップ、ネコちゃん大皿、動物の箸置きなど。また、猫が沢山プリントされたポーチ、マルチケース、文庫カバーなどもあります。河童で有名な松浦一酒造のプリュム、純米大吟醸などのお酒も返礼品にあるようです。

伝統的でかわいい返礼品をもらいつつ、動物保護活動を支援してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類