ふるさと納税とは?

税金には消費税や所得税、住民税や固定資産税など様々なものがあります。最近テレビCMなどでもよく目にする「ふるさと納税」についてご存知でしょうか?
ふるさと納税とはなんなのか、お礼品や納められた税金の使い道などについて調べていきたいと思います。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税というのは、大雑把に説明すると「地方自治体に寄付をすることで、税金が控除され、実質二千円の負担で返礼品がもらえる制度」のことです。
この制度の前提として、地方を活性化するという目的があります。

地方の過疎化、都心への人口流出が問題になっている日本。地方自治体では、出産、育児、教育、医療といった行政サービスを行っている一方、若者の多くは進学や就職を機に都会へ移り住んでしまうという実態があります。そういった理由で都会の税収は増えるものの、自身が生まれ育った故郷の税収は減ってしまうのです。この問題解決をしようと考案されたのがふるさと納税でした。
つまりふるさと納税は、納税という名の寄付であり、寄付という名の納税と言えます。

「ふるさと」と付いているから自分の故郷に納めなければいけないのかというと、そういうわけでもありません。
自分がサポートしたいと思った自治体を自由に選ぶことができます。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税は、寄付を受ける自治体だけでなく納税する人にとってもメリットがあります。だからみんなふるさと納税を行っていると言えるのではないでしょうか。
そのメリットは2つあります。「節税効果」と「豪華返礼品」です。
ふるさと納税の実態は寄付であると先ほど述べました。そして、寄付金は寄付金控除というのが適用されるため、確定申告をすることによって税金が戻ってくるのです。
控除額は所得によって変わってきます。納めなければならない税金の納付先を変更することで、節税になるのです。そして、寄付のお礼として寄付した自治体からは、その地域の特産品などの返礼品が送られてくるシステムです。

返礼品はお肉や海産物、お米、野菜、果物、地酒、お菓子などの食べ物の他にも、伝統工芸品や旅行、イベントやチケット、美容、ファッション、感謝状など多岐にわたっています。

実質二千円の負担で美味しい特産品や素敵な工芸品を手にできると考えると、それだけでもやりたいと思うでしょう。そしてそれが地方地域の活性化に繋がるなら尚更です。
納税者にも地方自治体にもメリットのある「ふるさと納税」。まだの人は始めてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類